renovation casa の家づくり

プラン

子供が自由に遊び回れる暮らしがしたい

Study-空間に役割を与える

子どもでもパブリックスペースとプライベートスペースを認識する、と聞いた事があります。つまり、その場所では何をするところなのかがわからないと子どもとしても落ち着かないし、逆に空間の役割がわかれば、子どもなりに理解して、そこでの振る舞い方を変えるのです。

キッチンと洗面室、リビングは回遊できる動線で結び、積極的に通ることで、料理や洗濯・掃除・身だしなみを整える事を教えてあげることができます。リビング・ダイニングは家族団らんの絆を深められる場所なので広く、皆が見渡せるようにしました。また、玄関からのアプローチは空間を広く取り、床下に防音対策を講じて遊び回れるスペースにしています。

ダイニングとリビングは間仕切りをせず、広々とした一つの空間の両端にレイアウト。そこで生まれた空いたスペースが子供たちのための空間になります。

長い廊下はかけっこの場所。どんな場所でも子供にとっては遊び場です。

キッチンと洗面室がつながっているのは、家事動線を良くするため、そして子供たちがぐるぐると走り回れるため。

公園のように子供たちが自由に遊べるように、怪我をしない充分なスペースと近隣の方に迷惑をかけないしっかりとした防音設備をプランニング。雨の日でも室内でおもいっきり走り回れます。

data

  • タイプ    : マンション
  • 広さ    : 140m2
  • 築年数    : 40年
  • 間取り    : 4LDK→4LDK
  • 家族構成    : 大人2人+子供2人

spec

  • 床    : オーク無垢
  • 照明    : USHIOSPAX
  • 壁・天井    : Jカラー塗装/クロス
  • 設備    : TOTO/CERA
  • 家具・建具    : 製作
  • キッチン: TOYO KITCHEN

page top